大切な乳がんセルフチェック

日本で増加の一途の乳がんですが、乳がんはほかのがんと違って定期的に注意深く乳房を点検すれば、自分で発見することが可能な病気です。

石灰化病変やごく小さなしこりは発見できませんが、それでも自分で出来るセルフチェックは有効です。

それに乳がんを早く発見すればそれだけ治療後の治り方も良好ですし、転移が無いうちに発見できれば命に関わるようなこともありません。20歳を過ぎたら毎月一回、生理が終わるころ、閉経後は毎月、日付を決めてチェックし、記録を残しましょう。

セルフチェックのやり方ですが、まずは観察(視診)です。下記項目をチェックしましょう。

①左右の乳房を見比べて違いはないか

②腫れていたり、皮膚の色、硬さの変化はないか

③くぼみやひきつれがないか

④乳首にへこみやただれはないか

⑤下着の裏にしみはないか

やりかたとしては、鏡の前にリラックスして立って①~④を確認、両腕を腰にあてた姿勢で同様にチェック、両手を頭の後ろで組んで、バンザイのような感じでチェック、最後に腰をひねったり、前かがみになって同様にチェックします。

この次に触診をします。

⑥乳房にしこりはないか

⑦脇の下にしこりはないか

⑧片方の乳首のみの分泌物はないか

をチェックします。 チェックのやり方としては、親指以外の4本の指で乳首の周辺から細かく渦巻きを書くようにそっと押すような感じで周囲まで確認します。次に縦、横に平行線を引くように移動しながら4本の指でチェックします。最後に乳首や乳房をつまんで分泌物がないかをチェックします。 そんなに時間がかからないと思いますので毎月、定期的にチェックしてみてください。

私の知っている方も定期的に実施して、ご自分で乳がんを早期で発見しました。

ちなみに、⑤⑥に関しては入浴時に石鹸をつけて滑らせると凹凸が判り易いそうですよ。

日本で乳がんが増加している理由

続きを読む

抗がん剤(薬)は効くのか?

なんかこのようなタイトルだと、「抗がん剤は効かない」と言っているようですが、そうではありません。

化学療法を受けるかどうかを考えるときに理解しておいたほうが良いことをお伝えしたいと思います。

抗がん剤が効く、効かないを語るときにきちんと理解しておかなくてはいけないのは、効くとはどのような状態を言うのかという事です。

例えば奏効率30%と聞くと3割の人が治るのかな?なんて漠然と考えてしまうのではないでしょうか。

しかし、医療の世界では考え方が異なっています。

腫瘍の縦横の長さの合計が30%以上縮小した状態が4週間継続した場合に効果があった、つまり奏功したと言うように定義されています。分かり易く言えば10×7の大きさの腫瘍が7×4.9より小さくなっている状態が4週間継続すれば、それは効果があったと認められるのです。4週間経過した後にどのような状態になっていくかは関係ないのです。このような決め事があるのです。つまり 奏効率30%=30%の人が治る ではないのです。

もちろん効果がある方の中には完全にがんが見えなくなった状態の方もいらっしゃるでしょうし、4週間経過後に増大してしまう方もいらっしゃいます。そもそも30%に入れるかどうかもやってみなくては判りません。このことを理解しておく必要があります。

一方で2015年のASCO(米国臨床腫瘍学会)で発表された外国の方のデータによると(ⅢB期またはⅣ期の扁平上皮肺がんの患者さんを対象にしたタキソールと言う抗がん剤と、あのオプジーボの比較試験です)生存期間中央値が

タキソールが6カ月

に対して、

オプジーボが9.2カ月

でした。

皆さんはこのデータを見てどのように思いますか?

何も知らない頃の私だったら「えっ、あのオプジーボでたったそれだけの差?」と思います。ある意味誤差の範囲じゃないかとさえ思ってしまいます。

でも医療の世界では異なった反応となります。「50%も生存期間が伸長した。素晴らしい成果だ!」となるのです。

しかし患者さんにとってはがんが何パーセント小さくなったかとか、何パーセント生存期間が伸びたかではなく、実際にどれくらい生存期間が伸びるのかが重要であり、個々の患者さんにとっては3か月程度の差はやはり誤差の範囲では無いのかなと、色々な知識をもった今でも思ってしまいます。(もちろん医学的には非常に大きな差だという事は理解していますし、裏を返せばがん患者さんの1日1日の大切さを表すものだと理解しています)

奏効率や生存期間の伸び方に対するこのような感覚の差が、そのままがん治療を実施する時の医療者と患者さんとの認識のずれとして現れてきます。

ですからこのような点を理解して、そして副作用などを加味しながら治療を選択していければ納得感のある治療へと繋がるのではないでしょうか。

私自身は進行がんにおいては特にですが、がんを無くすことに重点を置くよりはがんと共生しながらでも良い状態で長く生きていくという考え方もあるのではないかと感じています。

 

 

 

続きを読む

iNKTがん治療の効果の仕組み

iNKTがん治療の効果の仕組みをお話しする前に従来の免疫治療の効果が限定的である理由をお話しします。

まずがんの中には大きく分けると3種類のがん細胞があります。それは「がん抗原を発現しているがん細胞」、「がん抗原を発現していないがん細胞」、そして新たに出現する「変異がん細胞」です。これら3つのがん細胞を同時に排除できないとがんは再発・転移をしていく事になります。従来の免疫療法は「がん抗原を発現しているがん細胞」か「がん抗原を発現していないがん細胞」のいずれか一方のがん細胞しか攻撃できず、「変異したがん細胞」には対応できていませんでした。更に多くの免疫細胞は活性化すると短期間(48時間以内と言われています)で消滅してしまうので、長期の攻撃が出来ませんでした。その為に効果が限定的になりがちだったのです。

一方でNKT細胞は自然免疫系のNK細胞と獲得免疫系の細胞傷害性T細胞を同時に活性化できる唯一の免疫細胞です。しかも活性化された免疫細胞の一部が体内に残存し、長期免疫記憶を形成することができるのです(マウスモデルでは36週間後にも免疫記憶が形成されていました)。つまりがんを攻撃する免疫系全体を活性化するためにはNKT細胞を活性化する事が重要になります。

しかしながら「がん」があるという事だけではNKT細胞は活性化されないのです。

そこでこのiNKT治療ではNKT細胞を活性化させるために国立研究開発法人理化学研究所の特許技術を使っています。

患者さん自身の体内から取ったある細胞にNKT細胞を活性化する特別な糖脂質をくっつけて体内に戻すことによってNKT細胞を活性化し、更に活性化したNKT細胞が免疫系全体を活性化するのです。細胞自体は自分の細胞ですから、大きな副作用もなく治療できます。

また、がんに対する免疫系全体を活性化するので、がん種を選ばないと言う特徴も持っています。

しかし、過去の臨床結果でも進行がんに対してもすばらしいエビデンスを残しているこの治療法ですが、あくまで自分の免疫系を使った治療なので、効果はゆっくり長く出るという事は知っておく必要があります。

しかし36週を超える免疫記憶が残る事と副作用も少ないと言うことを併せて考えれば、大変に優れた再発予防法になる可能性は高いと思います。

ちなみにiNKTがん治療と言うようにiを付けられるのは理化学研究所の特許を使用している治療のみです。

最新の免疫治療 iNKTがん治療

 

続きを読む

堀ちえみさんの食道がん報道について思う事

堀ちえみさんが食道がんを公表しました。舌がんの手術を終えて間もないのに、大変に気の毒で残念に感じましたし、ご本人はショックだったのではないかと思います。

今回のがんは転移ではなく新たながんだという事ですが、これはがんと言う病気の性格を改めて思い知らされる事だと思います。以前にがんは何故再発するのかを書きましたが、その中でも特に2番目の理由は再発という事に限定せず、新しいがんが発生する要因ともなるものです。

がんは何故再発するのか

つまりがんを患ったら、まず第一にがんを治療する事が大事です。そして次に(同時に)体内環境を良くしていくことが再発や2次ガンを防ぐためにも重要な事となります。

ではどのようにすれば体内環境を良くできるのでしょうか?

生活環境や食生活の見直し、体内の免疫系の強化が考えられます。

標準治療では再発防止の為に抗がん剤を使用する事がありますが、抗がん剤を使用すると多くの場合免疫力が低下します。きちんと免疫系を回復させることが重要だと思います。

先日ご紹介したiNKTがん治療は体内のがんに対する免疫系全体を活性化することが出来ます。まだ目に見えないがんに対しても効果を発揮できます。だからこそ再発予防や今まだ目に見えないがんの発症の予防に繋がるのではないかと思います。

そして、運動や睡眠などの生活習慣を整え、禁煙・節酒、バランスを考えた食生活を心掛けましょう。そのようにすれば再発などのリスクは随分と軽減されるはずです。がんを患われた方には是非知っておいて頂きたいと思います。

iNKTがん治療

実施クリニックのページ

 

 

続きを読む

がん検診のすすめ

公益財団法人 がん研究振興財団による、「がんを防ぐための新12か条」の10番目には「定期的ながん検診を」と書かれています。

がん検診でがんが見つかっても、それは早期発見かもしれませんが、厳密な意味での予防ではありません。しかしながら、早期発見は早期治療につながり、がんによる死を防ぐことができるという意味で「がんの2次予防」と呼ばれています。

多くのがんは初期のうちには自覚症状を伴いません。その為に、自覚症状が出るころにはがんがかなり大きくなっている事が多いのです。

しかし自覚症状が出ても多くの方はすぐに検査を受けようとしません。さんざん悩んで、症状がかなり進んだころにようやく検査を受けて、大きくなったがんが発見されるというケースも少なくありません。

がんの早期発見に意味は無いと言う意見をおっしゃる方もいらっしゃいます。しかし、例えば皆さんもお聞きになったことがある「重粒子線治療」。この治療は手術できない場所にあるがんに照射する場合もありますが、しかし進行度で言えば、手術が出来るような状態でなければ重粒子線治療も適用になりにくいのです。つまり早期発見が必要と言うことになります。

国立がんセンターで、なんの症状も感じていない7000人にがん検診を受けてもらったところ、なんとそのうちの5%にがんが見つかったそうです。5%と言うのは20人に1人ですから、かなりの高率です。(年齢などの関係もあるのでしょうけど)

なんの症状がない人でも5%の方にがんがあったことからも解るように、がんは初期の段階では信号を出してくれないのです。面倒くさいとか、怖い、などと言わずにがん検診を受ける機会を作りましょう。

下記の再発率から判断しても早期発見の意義は高いと思います。それに現実的にがんの進行度が若ければ若いほど治療の選択肢は多くあるのですから。

大腸がんの再発・転移率と検診の必要性

続きを読む

最新の免疫治療 iNKTがん治療

オプジーボの登場以来、再び注目を集め始めた免疫治療。

一般的に免疫療法と言われるNK療法や活性リンパ球療法、樹状細胞療法などはワクチンで免疫を活性化させたり、リンパ球などを培養して体内に戻すなどの方法がとられていました。しかしながら思ったように効果が実現できませんでした。

そこに登場したのが免疫チェックポイント阻害薬と言われる、オプジーボやヤーボイ、キートルーダなどです。これらは従来の免疫療法とは全く異なる作用機序でがんを攻撃しようとします。   (作用機序に関しては少々古い記事ですが以下をご参照ください http://www.hlm-labo.com/?p=80 )

今回ご紹介する免疫療法は従来の免疫療法や免疫チェックポイント阻害薬と異なる作用機序のiNKTがん治療です。これは特定の免疫細胞を活性化したり、培養して増加させたものを体内に戻すものではなく、人体が持つがんに対する免疫系全体を活性化するものです。免疫系全体を活性化できるので、NK細胞が担当している自然免疫も、キラーT細胞が担当している獲得免疫も同時に活性化できます。免疫全体を活性化できるので、従来型の免疫療法では対応できなかった変異したがんも攻撃できると言われています。

更に重要な事は、この治療は長期に渡る免疫記憶を獲得することが出来るという事です。実は従来の免疫治療では短期間の治療効果しか期待できないと言われています。そのために頻回で長期の治療が必要となりました。ところが、iNKTがん治療は長期免疫記憶が出来る事により、治療期間を短く回数も少なく出来るのです。

この治療は現在は「国立研究開発法人 理化学研究所」にいらっしゃる「谷口 克先生」が開発した最先端免役治療であり、千葉大学などで先進医療Bとしてごく限られた範囲内で行われてきました。

しかしながら大変喜ばしいことにiNKTがん治療を下記クリニックで提供できることとなり実施しております。しかも嬉しいことに先進医療で行われている治療に更に理化学研究所が持っている特許をプラスした治療となっていますので、更なる治療効果が期待できそうです。

自費診療とはなりますが、ご興味がある方は右側(スマホの方は下)にあるお問い合わせフォームからお問い合わせいただければ出来る限りご回答いたします。

今後、更にエビデンスや作用機序などをお伝えしていきたいと思います。

この治療を受けられるTPCクリニック

 

 

続きを読む

青森でお話しさせていただきました

先日セミナー講師として青森でお話しさせていただきました。

もちろん「がん」に関するセミナーで、今回で3回目の訪問となりますが、今回も皆様熱心にお聞きいただきました。

がんに罹る方は毎年増え続け、二人に一人はがんになると言われています。

更に言えば、男性の生涯罹患率は60%を超えています。二人に一人どころか、男性の5人に3人はがんになる時代なのです。ならない男性の方が少ないのです。それだけ身近になっているにもかかわらず、なぜか多くの方は「私はがんにならない」と思っています。がんになるとは思ってないから知ろうともしません。だから準備も不十分ですし、知識も不足しています。

しかし、がんに罹る方は多くなりましたが、がんでも生きられる時代でもあるのです。だからこそ、現実から目をそらすことなく、きちんとがんと向き合う必要があると考えます。

がんになっても慌てないためには、お金の準備と治療の知識が必要です。

どのような資金準備が必要なのか?それは治療と切り離して考える事は出来ません。

青森でも今回お聞きいただいた皆様から、多くの方に伝わることと確信しています。

石橋様写真②jpg

がんと向き合うための資金準備

 

続きを読む

常識を変えていく力!

保険会社様からのお招きで、がんに関するお話をする機会を頂きました。

お聞きいただいたのは社員と代理店の皆様です。

がんに関する知識は皆さん多くお持ちなのですが、熱心にお聞きいただきました。

更に懇談させていただく場も持たせていただき、深く情報交換が出来ました。

懇談では今回の講師の一人が女性であることもあり、女性の方を対象とさせていただきました。女性同士、大変に中身の濃い懇談が出来たと思っています。参加者全員が「お客様を守りたい」と言う熱い気持ちを持っており、その気持ちが溢れ出ていました。

そのような場面を目の当たりにすると

女性なら常識を変えられる!!

と言う気持ちが湧いてきます。

5月24日セミナー写真3       精鋭の皆様と一緒に写りました

今までは常識だと思っていたものが、実は今の実態に合わなかったり古かったりするものだったらどうしますか?

がんや病気の準備をしたいけど誰に相談してよいかわからない方がいらっしゃればご一報くださいね。

熱意と知識と優しさを兼ね備えた素晴らしい方々をご紹介いたします

女性の力(外部リンク)

 

続きを読む

大腸がんの職場復帰までの目安

大腸がんの治療後、まずは退院するまでの日数のおおよその目安は次の通りです。

内視鏡治療・・・2~3日

腹腔鏡手術・・・7~8日

開腹手術・・・・10~14日(合併症がなく、経過が順調ならば)

しかしながら、治療の内容や年齢、体力によっても変わってきますので、これ以上の日数が必要な場合もあることもご理解しておいてください。

また、退院したからと言ってすぐに仕事に復帰できるわけではありません。

退院後にいつまで自宅療養しないといけないのか、いつから仕事に復帰できるかと言うことも個人差があります。

退院後1週間位は安静を保った後、順調に回復しているようであれば、徐々に散歩などの軽い運動を行いながら身体を慣らしていくようにします。

そのような経過ののち、合併症がなく、経過が順調ならば

軽作業やデスクワークが中心の仕事・・・1か月くらい

腹筋を使ったりする力仕事・・・・・・・2~3か月後

で仕事に復帰できることが多いようです。

しかし、目安はあくまで目安です。あまり職場復帰を焦ること無く、家族や職場の人などの周囲の人達の協力を得ながら、そして担当医とも良く相談して、無理のないスケジュールをきめていきましょう。

また、職場に産業医が居るなら復帰前に面会して状況を伝え、困った時には相談に乗ってもらえるようにしておくことも良いと思います。

大腸ステント治療

切除不能肝転移大腸がんへのラジオ波焼灼療法の有効性

続きを読む

遺伝性の乳がんについて

乳がんはBRCAと言われる遺伝子の変異も発症に関係していると見られています。

昭和大学医学部乳腺外科の中村清吾先生の発表によれば、乳がん患者のうち7~10%は、遺伝子変異が原因の遺伝性乳癌・卵巣癌症候群(HBOC)とされ、その多くはBRCA1遺伝子またはBRCA2遺伝子に変異があることが報告されています。BRCA1遺伝子変異を持つ患者では、生涯乳がん発症リスクが6~8割と非常に高いほか、乳がん再発リスクや卵巣がん発症リスクが高いことも知られています。

アメリカやイギリスではBRCA1遺伝子の異常が分かった場合、発症前に、がんになりやすい臓器(乳房、卵巣)を切除するという予防法も行なわれています。少し前の話になりますが、有名なハリウッド女優さんが乳房と卵巣の摘出手術を行い話題になりましたよね。

しかしながら、日本では予防的な臓器切除は一般的ではありません。

それに、例え遺伝子異常を持っていても全員ががんを発症するわけではありませんし、生活習慣の改善によりリスクを減らせる可能性もあります。例えば脂肪の摂取を減らせばがんになる確率は下がると言われています。

ですから、予防のために臓器の切除を行うと言う選択肢よりは、定期的ながん検診を受け、がんが発見されたら早期に治療するという選択肢の方が一般的な選択肢になるのではないでしょうか。

上記の女優さんも次のように言ってます。「選択肢は一つではありません。大切なことは選択肢について知り、その中から自分の個性にあったものを選択することです。」と。

この言葉は、乳がん予防に関してだけではなく、がん治療全般にも まさに当てはまる言葉だと思います。

続きを読む