がんと向き合うための資金準備

がん治療は大きく前進を続けています。昔と治療の方法も大きく変わり、また選択肢も増加しています。そのお蔭もあり、今や「がん=死」とは必ずしも言えなくなってきました。

それ故に、がんに罹患した時の資金準備の重要性も高くなっています。

がんが治る時代なのに、どういう事でしょうか?

その答えは、「がん治療にまつわる費用の掛かり方を知ること」にあります。ではがん治療にまつわる費用ってなんでしょうか?

それは大くくりで言ってしまえば治療に直接掛かる費用とそれ以外の費用です。

治療に直接掛かる費用と言うと皆さんは保険会社等のパンフレットに記載されている金額を思い浮かべるかもしれません。しかし保険会社のパンフレットに記載されている費用って健康保険診療のケースです。また先進医療特約を持っている会社の場合は先進医療の費用も記載してあります。しかし、がんの治療は保険診療や先進医療のみで終われる場合だけではないのも現実です。

また、オプジーボに代表されるような高額な新薬の薬価を考えると健康保険制度や高額療養費制度がいつまで今のままもつのか疑問を感じます。

また、治療以外にも費用は掛かります。例えばQOLを維持するための費用です。これは長く生きられる時代だからこそ必要な費用です。これも準備しておくに越したことはありません。

私は患者さんと接していて、ピントのずれた資金準備(保険加入)をしている方が多いことを感じますし、それを非常に残念に思います。私が患者さんとお話しをするときには、治療費用の有無やどのような保険に加入されているかを確認する場合もあります。時々潤沢な資金準備をされている方もいらっしゃって安心するのですが、古い保険に加入していたりして適切な準備とは言えないケースも多く見られます。

一方で収入に関しても無関心ではいられません。多くの方の前提は「今の収入」ですが、がん罹患により収入が減少するケースが多々あります。特にご自分でお仕事されてる方は収入面のフォローをきちんと考えておかないと厳しいことにもなりかねません。

がんは事前通知してくれません。「いつか考える」では遅いのです。今すぐ準備されることを強くお勧めいたします。(ただ単にがん保険に加入すれば良いと言うような単純な話ではありません)

がんの事も良くわかっている、信頼できる専門家に相談しましょう。もしそのような方が居なければ専門家をご紹介いたします。下記のご相談フォームにお名前、メールアドレスを記入いただき、紹介希望と記載し送信下さい。

皆さんの加入しているがん保険は再発で一時金が支払われますか?

ご相談フォーム

オプジーボの薬価