iNKTがん治療の効果の仕組み

iNKTがん治療の効果の仕組みをお話しする前に従来の免疫治療の効果が限定的である理由をお話しします。

まずがんの中には大きく分けると3種類のがん細胞があります。それは「がん抗原を発現しているがん細胞」、「がん抗原を発現していないがん細胞」、そして新たに出現する「変異がん細胞」です。これら3つのがん細胞を同時に排除できないとがんは再発・転移をしていく事になります。従来の免疫療法は「がん抗原を発現しているがん細胞」か「がん抗原を発現していないがん細胞」のいずれか一方のがん細胞しか攻撃できず、「変異したがん細胞」には対応できていませんでした。更に多くの免疫細胞は活性化すると短期間(48時間以内と言われています)で消滅してしまうので、長期の攻撃が出来ませんでした。その為に効果が限定的になりがちだったのです。

一方でNKT細胞は自然免疫系のNK細胞と獲得免疫系の細胞傷害性T細胞を同時に活性化できる唯一の免疫細胞です。しかも活性化された免疫細胞の一部が体内に残存し、長期免疫記憶を形成することができるのです(マウスモデルでは36週間後にも免疫記憶が形成されていました)。つまりがんを攻撃する免疫系全体を活性化するためにはNKT細胞を活性化する事が重要になります。

しかしながら「がん」があるという事だけではNKT細胞が活性化されないのが難しいところです。

そこでこのiNKT治療ではNKT細胞を活性化させるために国立研究開発法人理化学研究所の特許技術を使っています。

(この特許技術を使用している治療だけがiNKTがん治療を名乗れます。)

仕組みは、患者さん自身の体内から取ったある細胞にNKT細胞を活性化する特別な糖脂質をくっつけて体内に戻すことによってNKT細胞を活性化し、更に活性化したNKT細胞が免疫系全体を活性化すると言うものです。細胞自体は自分の細胞ですから、大きな副作用もなく治療できます。

また、がんに対する免疫系全体を活性化するので、がん種を選ばないと言う特徴も持っています。

この治療は過去の臨床結果でも進行がんに対してもすばらしいエビデンスを残していますが、あくまで自分の免疫を使った治療なので、効果はゆっくり長く出るという事は知っておく必要があります。

しかし36週を超える免疫記憶が残る事と副作用も少ないと言うことを併せて考えれば、大変に優れた再発予防法になる可能性は高いと思います。

最後になりますが、NKT細胞をターゲットとした治療法は他にもあるようですが、理化学研究所の特許技術を使用したNKT細胞ターゲット療法は「iNKTがん治療」だけですので、気を付けてくださいね。

最新の免疫治療 iNKTがん治療

 

続きを読む

堀ちえみさんの食道がん報道について思う事

堀ちえみさんが食道がんを公表しました。舌がんの手術を終えて間もないのに、大変に気の毒で残念に感じましたし、ご本人はショックだったのではないかと思います。

今回のがんは転移ではなく新たながんだという事ですが、これはがんと言う病気の性格を改めて思い知らされる事だと思います。以前にがんは何故再発するのかを書きましたが、その中でも特に2番目の理由は再発という事に限定せず、新しいがんが発生する要因ともなるものです。

がんは何故再発するのか

つまりがんを患ったら、まず第一にがんを治療する事が大事です。そして次に(同時に)体内環境を良くしていくことが再発や2次ガンを防ぐためにも重要な事となります。

ではどのようにすれば体内環境を良くできるのでしょうか?

生活環境や食生活の見直し、体内の免疫系の強化が考えられます。

標準治療では再発防止の為に抗がん剤を使用する事がありますが、抗がん剤を使用すると多くの場合免疫力が低下します。きちんと免疫系を回復させることが重要だと思います。

先日ご紹介したiNKTがん治療は体内のがんに対する免疫系全体を活性化することが出来ます。まだ目に見えないがんに対しても効果を発揮できます。だからこそ再発予防や今まだ目に見えないがんの発症の予防に繋がるのではないかと思います。

そして、運動や睡眠などの生活習慣を整え、禁煙・節酒、バランスを考えた食生活を心掛けましょう。そのようにすれば再発などのリスクは随分と軽減されるはずです。がんを患われた方には是非知っておいて頂きたいと思います。

iNKTがん治療

実施クリニックのページ

 

 

続きを読む

最新の免疫治療 iNKTがん治療

オプジーボの登場以来、再び注目を集め始めた免疫治療。

一般的に免疫療法と言われるNK療法や活性リンパ球療法、樹状細胞療法などはワクチンで免疫を活性化させたり、リンパ球などを培養して体内に戻すなどの方法がとられていました。しかしながら思ったように効果が実現できませんでした。

そこに登場したのが免疫チェックポイント阻害薬と言われる、オプジーボやヤーボイ、キートルーダなどです。これらは従来の免疫療法とは全く異なる作用機序でがんを攻撃しようとします。   (作用機序に関しては少々古い記事ですが以下をご参照ください http://www.hlm-labo.com/?p=80 )

今回ご紹介する免疫療法は従来の免疫療法や免疫チェックポイント阻害薬と異なる作用機序のiNKTがん治療です。これは特定の免疫細胞を活性化したり、培養して増加させたものを体内に戻すものではなく、人体が持つがんに対する免疫系全体を活性化するものです。免疫系全体を活性化できるので、NK細胞が担当している自然免疫も、キラーT細胞が担当している獲得免疫も同時に活性化できます。免疫全体を活性化できるので、従来型の免疫療法では対応できなかった変異したがんも攻撃できると言われています。

更に重要な事は、この治療は長期に渡る免疫記憶を獲得することが出来るという事です。実は従来の免疫治療では短期間の治療効果しか期待できないと言われています。そのために頻回で長期の治療が必要となりました。ところが、iNKTがん治療は長期免疫記憶が出来る事により、治療期間を短く回数も少なく出来るのです。

この治療は現在は「国立研究開発法人 理化学研究所」にいらっしゃる「谷口 克先生」が開発した最先端免役治療であり、千葉大学などで先進医療Bとしてごく限られた範囲内で行われてきました。

しかしながら大変喜ばしいことにiNKTがん治療を下記クリニックで提供できることとなり実施しております。しかも嬉しいことに先進医療で行われている治療に更に理化学研究所が持っている特許をプラスした治療となっていますので、更なる治療効果が期待できそうです。

自費診療とはなりますが、ご興味がある方は右側(スマホの方は下)にあるお問い合わせフォームからお問い合わせいただければ出来る限りご回答いたします。

今後、更にエビデンスや作用機序などをお伝えしていきたいと思います。

この治療を受けられるTPCクリニック

iNKTがん治療の作用機序

 

 

続きを読む